院長 平竜三のブログ診察室では伝え切れない、詳しい医療情報を語ります

交通事故に遭った後にかかる整形外科の選び方 チェックポイント⑤ 十分な交通事故治療経験数があること

  • 2019.03.10
交通事故後の治療で通院する整形外科の選び方 チェックポイント その⑤ 十分な交通事故治療経験数があること  整形外科医は一体どれくらいの交通事故治療経験があれば「十分」と言えるのでしょうか?  あくまで私の私見ではありますが、交通事故患者さんの「診療経験数1,000人以上の整形外科」は医院選びの一つの目安かと考えます。 なぜそう言えるのでしょうか?  私の今までの個人的な臨床治療経験を振り返ってご説明します。 私の場合、来院された事故患者さんの治療経験がおよそ3...

交通事故に遭った後にかかる整形外科の選び方 チェックポイント④ 開院後、10年以上経過していること

  • 2019.03.05
交通事故後の治療で通院する整形外科の選び方。 チェックポイント その④  開院後、10年以上経過していること [caption id="attachment_1147" align="alignnone" width="300"] 1つの目安[/caption] なぜ開院10年以上経っていることが望ましいのか? それは、交通事故の診療を十分に行うには、医院には次の4つが必要だからです。 【1】医師の経験値が蓄積していること 【2】医院スタッフの経験値が蓄積していること 【3】信...

交通事故に遭った後にかかる整形外科の選び方 チェックポイント③ 受付の電話対応が良いこと

  • 2018.03.23
交通事故人身傷害の治療で整形外科を選ぶポイントその3は、 最初に予約や相談の電話をかけた時の受付係の対応が良いこと です。 事故後の治療先の整形外科をネットなどで探して候補が見つかったら、そこに電話してみると良いでしょう。その時、整形外科の受付係の対応が良いかどうか、は治療先として決断するかどうかの重要なポイントでもあります。 ここで「電話対応が良い」とはどういうことかというと、 【1】 事務的・イヤそうではなく、親身で温かいな感じの声質であること。 【2】 事故状況、症状、...

交通事故に遭った後にかかる整形外科の選び方 チェックポイント②  交通事故の診療情報がホームページにアップされているか?

  • 2018.02.26
交通事故人身傷害の治療で整形外科を選ぶポイントその2は、 医院ホームページに交通事故関連の病態や治療方針等の情報を掲示してあること です。 診療範囲の欄に、ただ「交通事故の打撲、頸椎捻挫、腰部打撲…」と箇条書きに記載があるだけではなく、交通事故のケガの特徴、病態の説明、院長の治療方針、診療の流れ、交通事故に関する手続き、治療を受けた患者さんの声等について、解りやすい情報提示がなされている医院を選んだ方が良いでしょう。 その理由は3つあります。 理由① 交通事故の...
PAGE TOP