点滴療法外来のご案内

21世紀は、身体の中からキレイになる時代

点滴療法とは、各種の栄養物質を静脈から血液に注入することで、今までなかなか治らなかった慢性疾患の改善のみならず、美肌や若返りも得られる、身体にやさしい優れた治療法です。 

さらに詳しく読む

なぜ点滴療法が優れているのか?

なぜ点滴滴療法が優れているのか?

点滴療法に用いる物質は、ビタミン、補酵素、ミネラルなど、人体や自然界に広く存在する栄養素です。点滴療法ではそれら栄養素を、静脈を通じて血液に直接流し込みます。 その場合、栄養素の血中濃度は口から飲食した時とは比較にならないほど一気に上昇します。

すると、どういうことが起きるでしょう?
胃腸から吸収される場合と比較してみましょう。

栄養を口から摂り入れて腸から吸収される場合、栄養素の血液への移行は緩やかで血中濃度のピークはあまり上がりません。慢性疾患では、組織の栄養素が枯渇して機能不全となっている場合が多く、それを改善するには普段以上の補給が必要ですが、血中濃度が低いままに留まっていれば、必要組織への十分に行きわたりません。

そのため、栄養素を口から摂ってもせいぜい現状維持が精いっぱいで、何らかの「病態が改善する」効果を得ることは難しいのです。あなたも過去に栄養サプリメントを飲んでもほとんど体感が無かった、というご経験はありませんか?

しかし、点滴を用いて血中濃度を非常に高くすることで、血液から溢れて末梢組織まで大量にしみ込んだ栄養素は、あたかも薬のような強い作用を発揮し、いくつかの病気の症状を改善させるハッキリした変化をもたらすことが可能です。これを専門的には「薬理学的効果」と呼びます。

しかももともと人間の体に存在し、生きていく上でいつも利用している有用栄養物質ですから、基本的に副作用はほとんどありません。

つまり点滴療法は栄養素を薬に変えて癒して治す、安全で効果の高い治療法と言うことができます。

21世紀は、身体の中からキレイになる時代

21世紀は、身体の中からキレイになる時代

20世紀の終わり頃からアンチエイジングという言葉が一般に広まりました。
アンチ(反対、抵抗) + エイジング (加齢)、つまり「老化に対抗する」という意味です。
アンチエイジングは本来、全身の老化を防ごうという概念ですが、まず顔・肌のルックスの老化を防ぎ、若くキレイに保つことに関心が高まり、多くのエステサロンや美容皮膚科などで、アンチエイジング的なスキンケアが普及しました。
エステなどで行われてきたスキンケア手段としては主に、何か物を塗る、剝がす、マッサージ、熱や光などを当てる…と、いったアプローチです。これらは全て皮膚の外からのアプローチです。
さらに美容外科になると、医師による医療行為なのでエステよりも一歩奥に踏み込み、皮膚を縫い縮めたり、細いワイヤーで引っ張りあげたり、強いレーザーを当てて皮下組織を収縮させたり、という外科手段も利用しますが、こういった手術的治療も細胞自体を若返らせているのではなく、形態を変えているに過ぎません。

従って、これら外からのアプローチだけでは、身体全体の老化を止められず、見かけもいずれ劣化が隠せなくなってきます。

21世紀に入り、様々なインターネットなどを通じて健康情報が共有されるつれ、
肌を外からいじるだけでは本物の若さと健康美は得られないのではないか?
と、気づく人々が増えてきました。

人々の意識変革に呼応して、健康医学会や美容業界にも変化の波が訪れつつあります。
本物の若さと美しさを得るためには、「外科的」手段に欠けていた体の内部からの栄養学的改善が必要であることに医師たちの関心も高まり、「美容内科」あるいは「細胞美容」という概念が生まれつつあります。

時代は「アンチエイジング」のその先へ

時代は「アンチエイジング」のその先へ

最新の予防医学界では既に≪アンチエイジング≫という言葉すら時代遅れであり、今やほとんど使われていません。

今、先進予防医学・美容医学の世界ではアンチエイジングより一歩進んだ
” rejuvenation” リジュビネイション(=若返り) の言葉が使われています。つまり、老化の阻止にとどまらす、さらに身体を若く巻き戻そうというわけです。
近年になり、この分野では急速に研究が発展しており、ある種の栄養素は、不調から回復させるだけ治療のレベルに留まらず、加齢やストレスがもたらす【老化】に逆らう≪若返り≫作用も発揮することが明らかになってきました。

老化の流れを巻き戻すには?

老化の流れを巻き戻すには?

最新の予防医学界では既に≪アンチエイジング≫という言葉すら時代遅れであり、今やほとんど使われていません。

多くの慢性疾患は老化プロセスの進行とともに増えてきます。
従って、老化のコントロールは、ただ早く死なないためだけではなく、病気の苦痛や、病気にともなう個人と社会の損失を減らすことにもつながります。

では、【老化】とは何でしょうか?
私なりに考察するに、老化とは『細胞代謝の低下』『組織の硬化』『遺伝子の劣化』であり、これらが複合的に組み合わさって三つ巴の悪循環を生じた状態です。

するとそれら全てを反対にすればよいと思いませんか?
つまり、「細胞代謝を上げる」「組織を柔軟にする」「遺伝子を保護・修復する」
理論的にはこの3つを成し遂げれば、老化に打ち勝ち、さらにリジュビネイション(若返り)も可能なはずです。

実は最近になってそれを達成できる栄養素が見つかり、高濃度点滴で体内に注入することによって、若さと健康を取り戻すことかできるようになりました。

しかも、平均的収入のある方なら手の届く価格で、若返り治療を受けられるようになったのです。
40代、50代以上の方なら今から時々受けておいた方が将来の体の悩みを減らし、これから発生する可能性のある病気の通院治療による時間とお金の損失を減らすことができると思います。

ちなみに、美容健康に積極的なリッチセレブの方々は、既に頻繁に点滴療法を受けていますが、都心一等地の高級クリニックに通われて非常に高額な費用を支払っています。
でも小豆沢整形外科に来れば、あなたもセレブが受けているのと同じクオリティ(あるいはもっと上?)の点滴を、ずっとお手頃な費用で受けることができます。
もちろん院長の私自身も毎週欠かさず点滴を受け、効果を実感しています。
あなたの今と将来の健康のために、ご参考にしていただければ嬉しく思います

当院で受けられる点滴療法

当院で受けられる点滴療法
1.細胞力復活点滴(マイヤーズカクテル) 11,000円(+税)
2.脳神経返り咲き点滴 (高用量グルタチオン+神経賦活成分配合) 12,000円(+税) から
3.ゆでたまご美白点滴 (高用量グルタチオン+美白成分配合) 12,000円(+税) から
4.高濃度ビタミンC 点滴 28,000円(+税) から
5.NMN若返り点滴 40,000円(+税)
6.最強抗酸化ミネラル点滴 20,000円(+税)
7.ストレス消去点滴 18,000円(+税)
8.断酒点滴 (アルコール依存症治療用) 10日間コース 120,000円(+税)

さらに、機能を特化し効力を徹底的に強化した特別ブレンドメニューもご用意しています。

【機能強化版】限定点滴メニュー

SFEシリーズ : Specific Function Enhanced Drip Infusion Recipes

SFE1. 不撓(ふとう)不屈(ふくつ)点滴 (がん治療を徹底サポート) 50,000円(+税)から 
SFE2. スピード回復点滴 (疲労からの急速リカバリー) 44,000円(+税)
SFE3. タイムマシン点滴 (若さを取り戻す) 55,000円(+税)

そのほかにもご希望に応じて、各種の栄養素を追加混合して個別レシピの点滴もご用意できます。
お困りの症状や改善したい目的をお伝えいただければ、医学的見地からあなたに相応しいと思われる配合をご提案いたします。

1.細胞力復活点滴(マイヤーズカクテル) 11,000円(+税)

細胞力復活点滴(マイヤーズカクテル)

クリックでチラシをダウンロード

こんな症状・疾患にお勧めします

慢性疲労 (コロナ感染後遺症、コロナワクチン後遺症含む)
うつ状態、不安症、不眠症、熟眠できない、すぐ目が覚める、線維筋痛症、原因不明の体の痛み、喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、慢性じんましん  片頭痛、耳鳴り,風邪の引き始め、狭心症、月経不順、更年期障害、多汗症、無汗症、ED(男性の勃起障害) 、女性の性機能低下、甲状腺機能亢進症、こむら返り 

その他

  • 運動能力を高めたい
  • 試合前に持久力を上げたい

※次の方は受けられない場合があります。ご相談下さい。

  • ジギタリス剤(ジゴキシン)内服中の方
  • 著しい低血圧症の方

マイヤーズ カクテル (Myers’ Cocktail)点滴療法 とは

豊富なビタミン・ミネラルの混合溶液を点滴で血液に補給する治療法です。
栄養の偏りや疲労、ストレスなどで弱った細胞機能を正常化し、本来の自然治癒力を呼び覚まします。

詳しく読む

アメリカ統合医学界で約20年前から行われている「標準的栄養治療」の一つで、様々な疾患に対する有効性が医学専門誌に報告されています。

使用している物質はいずれも食品やサプリメントにも含まれるものですが、この配合の点滴で血管内に注入する場合は、経口摂取する栄養素とは比較にならない効果が現れます。

「長い間具合が悪く、何件も病院に行ったが原因が解らない。」
「検査を受けても、どこも悪くないといわれてしまう。」
「色々サプリメントも飲んでいるが体感がない。」
「どこに行っても、何をやってもよくならかった。」
そのような方は、まずこのマイヤーズ点滴を試してみられることをおすすめします。
改善する可能性があります。

実例をご紹介します。
◆多汗症の方。10年以上に渡り、一日に何度も上半身の火照りと頭部から滝のように噴き出す汗でお困りの70代女性の方。婦人科には通ったがとくに改善することはなかった。当院で細胞力復活点滴(マイヤーズカクテル)を週1回で開始し、3回目の点滴後から汗をかく量が明らかに減って楽になった。その後は頻度を減らしつつ、時々継続している。
細胞力復活点滴(マイヤーズカクテル)は非常に安全性が高く、血管への刺激も少なく、通常は回数の制限がなく行うことができます。

点滴を始めて間もなく体がポカポカ温かくなってきます。
心地よく眠ってしまう方もいらっしゃいます。

リクライニングソファにゆったりもたれ、心と体をリラックスしながら全身の回復感を味わって下さい。 

2.脳神経返り咲き点滴

脳神経返り咲き点滴

クリックでチラシをダウンロード

(高用量グルタチオン+神経細胞賦活成分配合) 12,000円(+税) から
グルタチオン 1,000mg入り 9,000円(+税)
グルタチオン 1,600mg入り 12,000円(+税)
グルタチオン 2,400mg入り 15,000円(+税)

こんな症状・疾患にお勧めします

  • パーキンソン病 (手の震え、足のすくみ、動き出しにくい、全身のコワバリ等)
  • アルツハイマー病
  • コロナ後遺症による味覚嗅覚障害・倦怠感
  • 脳卒中後の手足のシビレ・震え
  • 抗癌剤副作用による激しい手足のシビレ(末梢神経障害)

パーキンソン病やアルツハイマー病は進行性です。
お早目に開始された方が良いでしょう。

この点滴がパーキンソン病に効く仕組み

この点滴がパーキンソン病に効く仕組み

パーキンソン病の患者さんは脳深部の「黒質」と呼ばれる領域の神経細胞が活性酸素によって障害され、黒質細胞が作り出す「ドーパミン」の量が低下しています。

詳しく読む

グルタチオンは、3種類のアミノ酸が結合した抗酸化物質で、活性酸素を消去して「黒質」の神経細胞を守り、ドーパミンの生成量を増やすことで運動機能を回復させる働きがあります。

パーキンソン病以外にも慢性の神経疾患ではその病態発生に活性酸素による神経細胞障害が存在していると考えられています。そのため、脳や末梢神経の障害による症状には高用量グルタチオン配合点滴の効果が期待できます。本点滴にはグルタチオンの他に神経細胞の回復促進成分も配合されています。

ご希望に応じてグルタチオン含有量を 1000mg、1600mg、2400mg と3段階から選ぶことができます。
高容量になるほど効果が強く、持続期間も長くなります。

3. ゆでたまご 美白点滴

ゆでたまご 美白点滴

クリックでチラシをダウンロード

(高用量グルタチオン+美白成分配合) 12,000円(+税) から
グルタチオン 1,000mg入り 12,000円(+税) から
グルタチオン1,600mg入り 15,000円(+税)

こんな症状・疾患にお勧めします

  • シミ・クスミ・肝斑などを薄くしたい
  • 肌を白くキレイにしたい
  • 肌の老化を防ぎたい
  • 慢性湿疹
  • 慢性蕁麻疹

この点滴が美白効果を発揮する仕組み

皮膚のシミやクスミの原因として活性酸素が大きく影響しています。紫外線などの刺激を受けた皮膚が活性酸素消去能力が弱いとメラニンが過剰生産され、シミやクスミの色素が残ります。

詳しく読む

活性酸素を消去する能力は加齢とともに減退するので、シミができ始めるとどんどん年とともにどんどん増えていく傾向があります。

グルチオンは強力な抗酸化物質で、皮膚の中の活性酸素を消去して余分な色素を排出し、より白く透明感あるお肌を蘇らせる効果を発揮します。実際芸能人の中には美白・美肌目的でグルタチオン点滴を受けている人は少なくありません。

当院の美白点滴はお好みに応じて、グルタチオン含有量を 1000mg、1600mg、2400mgの3段階で選ぶことができます。この含有量でこの価格は非常にお得です。

4. 高濃度ビタミンC点滴 28,000円(+税) から

高濃度ビタミンC点滴

クリックでチラシをダウンロード

こんな方にお勧めします

  • お肌のハリ・弾力を保ちたい
  • 皮膚が垂れて老け顔になりたくない
  • 感染症を予防したい
  • 免疫力を強く保ちたい
  • ストレスに負けたくない
  • 加齢による病気に罹りたくない方
  • 各種ガンで治療中
  • ガンを克服したい
  • 抗ガン剤の副作用を軽減したい
  • ガンの再発を防ぎたい

※G-6-PD活性検査  (事前検査)  検査料金 6,000円+税

高濃度ビタミンC点滴を受けられる方は、事前にG-6-PD検査を受けていただく必要があります。

詳しく読む

G-6-PDは赤血球内の酵素で、高濃度のビタミンCによって発生する過酸化水素を消去する働きがあります。この酵素の活性が低い方が高濃度ビタミンC点滴を受けると、溶血(赤血球が破壊される)を起こし、入院が必要な重篤な状態になる可能性があります。

溶血の合併症を未然に防ぐため、G-6-PD検査は高濃度ビタミンC点滴希望される方は全て受けていただく規定になっています。本検査の結果、G-6-PD活性が非常に低い方はビタミンC点滴を受けることはできません。

検査は少量の採血をするだけで済みます。結果判定は採決後の3-4日になります。

高濃度ビタミンC点滴が効果を発揮する仕組み

高濃度ビタミンC点滴が効果を発揮する仕組み

ビタミンCは人間にとって必須ビタミンです。体内での需要は高く貯蔵が難しいので常に補給し続けてなければなりません。

詳しく読む

食事から普通にビタミンCを摂っていても、激しい運動、夜更かし、ハードワークあるいは極度の精神的ストレスは、急速にビタミンCを消耗するので、たった1日で健康維持に必要量を下回るほどに欠乏してしまうことがあります。

ビタミンC の最も重要な機能は丈夫でしなやかなコラーゲンを作ること。
ビタミンC不足状態は肌の土台となるコラーゲン組織の劣化をもたらし、その結果、頬や口元の皮膚が垂れ下がると同時にシワが深くなり、いわゆるブルドック顔になってしまいます。
こうなると、外からいくらメイクで塗っても老け顔印象を覆い隠すことができません。
高濃度ビタミンC点滴で補給することで、ハリと弾力あるお肌を長くキープすることができます。
お肌の弾力に衰えを感じ始めたら、コラーゲン組織が伸び切る前に早目に対策した方が良いでしょう。

高濃度ビタミンC点滴はガン治療の補助にも盛んに利用されています。
ビタミンCは点滴を用いて血中濃度を非常に高濃度に上げると、がん細胞を直接的に殺傷する薬理学的作用を発揮します。
けれども正常の細胞には全く無害で安全です。
また、強力な活性酸素保護作用によって、抗がん剤の副作用を軽減してくれる効果もあります。

高濃度ビタミンCは全てのガン治療中の方にとって強い味方になります。

5. NMN若返り点滴 40,000円(+税)

NMN若返り点滴

クリックでチラシをダウンロード

40歳代以降のこんな方にお勧めします

  • 最近体が重い、疲れやすい
  • 加齢とともに衰えを感じてきた
  • 肌や髪などにツヤがなくなってきた
  • 頭を酷使して、ストレスで眠れない
  • 年齢とともに血糖値が高めになってきた
  • 仕事のパフォーマンスもっと高めたい
  • 視界が霞む。ピントが合わない
  • できれば長くキレイな容姿を保ちたい。

今世界中が注目する驚異の【若返り物質】NMN。効くメカニズムの秘密。
どうすれば若返ることができるでしょうか? その前に老化とは何か、分析してみましょう。

詳しく読む
老化に共通する2つの細胞変化
老化に共通する2つの細胞変化

人間の老化には社会心理学的要素も含めて多数の複雑なファクターが絡みあっているため、個人一人一人の老化原因の探索は困難です。けれども、加齢とともに機能が衰えていく細胞の様子をミクロレベルに絞って観察すると、主に次の2つの共通の変容が起きています。

その2つとはすなわち、
①ミトコンドリアにおけるエネルギー生産量の低下
DNA損傷の蓄積による細胞全体の機能劣化
です。

老化に伴う細胞変化に対して、NMNは次の3つの働きで対抗します。
●第1に、エネルギー産生物質NADを増やし、エネルギー生産を即座に増大させる。
●第2に、活性酸素による損傷からミトコンドリアを保護する。
●第3の働きとして、DNAの劣化・損傷を防ぎ細胞の修復能力を維持する。

NMNはこれらの作用を通じて、細胞の若さと元気を取り戻します。

NMNとは何物?

老化に共通する2つの細胞変化

NMNとは、β-Nicotinamide mono-nucleotide (ニコチナマイド モノヌークレオタイド)の略です。

詳しく読む

ビタミンB3に似た働きをする成分で、人を含めあらゆる生物の細胞内に存在していますが、年齢とともに著しく減少する傾向があり、若さや老化との高い関連性があることが解っています。

NMNは体内でエネルギー産生物質のNAD+に変換されますが、NAD+の体内量もNMNの量とともに年齢とともに減少します。10代後半をピークとして、加齢とともに減少し40代ではピーク時の半分に、60代ではさらにその半分にまで激減してしまいます。

NAD+の減少は体力、活力、若々しい見た目を失うだけではなく、全身の代謝が低下して糖尿病などの疾患の原因にもなり得ることが解ってきました。

それを阻止するにはNAD+の量を上げるとよいのですが、NAD+を直接体内に入れてもすぐに分解されてしまうので、NAD+に変わる一つ前の物質であるNMNを補充することで、体内のNAD+量をグンと増やすことが可能になります。

1回のNMN点滴で…

1回のNMN点滴で…

NMNを多く含有するヘルシー食材の代表はブロッコリーですが、NMN点滴1回分はブロッコリー40kg(2000房)分に含まれるNMNに相当します。しかも、点滴の場合、消化管からの吸収と違いロスなく100%が血液に入りますから、全身組織へ行き渡る量も桁違いです。

以上の理由でNMNの定期的な点滴を受けていれば将来の健康寿命を延長できる可能性があります。
その重要性に気付いてNMN点滴を受ける人が今、どんどん増えています。

NMN点滴を受けると 実際どうなるのか?

NMN点滴を受けると 実際どうなるのか?

当院では、仕事の頭脳力をさらに高めたい気鋭の30代経営者から、もっと人生を楽しみたい前向き思考の80代女性まで、広い年代層に渡る方々がNMN点滴に通われ、ご体感を得られています。

当院NMN点滴ご利用者様からは、「グッスリ眠れた」「寝覚めがよかった」「頭がスッキリした」「体が軽い」などのご感想をいただいています。
「元気だった子供の頃のような朝でした」というお声もありました。

私のNMN体感

もちろん私(平)もNMN点滴を受けています。私が最も大きな変化を感じるのは視界です。

詳しく読む

NMN点滴を受けた翌朝は、遠くも近くもクッキリと鮮やかに見えるようになることを感じます。点滴を通じて高い血中濃度で補給されたNMNは、眼球や視神経だけではなく、網膜から伝わる視覚情報を処理する脳細胞機能も高めているのではないか、と推測します。

次に感じたのは体が軽くなる感覚です。ちょっと表現しにくいのですが、自然と体が浮くような感じでしょうか。変化に気づいたのは点滴の直後や翌日ではなく、むしろ2日経った後からでした。
あれ? いつの間にか体重が軽くなった? という感覚を覚えました。体重計に乗っても減ってはいません。全身のパワーが沸いたせいでしょうか。その日、医院は混雑し非常に多忙でしたが全然疲労感が残らず、あまりに体が軽いので、帰宅後の日課としている筋トレメニューを普段の2倍の時間やってみましたが、楽にこなせてしまいました。

いくら走り回って遊んでも疲れが残らず、良く食べてよく寝て気持ち良く起床していた小学生の頃の体内感覚を久々に思い出しました。この感覚はNMN点滴後5-6日続いたと記憶しています。

疲労回復によく使われるもとして、ニンニク注射(アリナミン。ビタミンB1前駆体)がありますが、NMN点滴はそれとはまた違った体感があります。

ニンニク注射は速攻で疲労が楽になり運動スタミナが増すように感じますが、効果の持続は1-2日のようです。体感を喩えると、焚火に着火剤の燃料をかけて燃え上がらせることに似ています。

それに対してNMN点滴の場合、薪の下から空気を送り込み、焚き木全体が完全燃焼をし始める感じに似ています。体の底から、無理なく自然に、ジワジワと活力が沸き上がる感覚があります。

「年とともに体が重く感じるようになった」
「思い通りに体が素早く動かなくなった」
「目が霞んで見えづらくなった」
という方、はNMN点滴を是非お試しになってみてください。

6. 最強抗酸化ミネラル点滴 20,000円(+税) から

こんな方にお勧めします

  • ガン治療中
  • コロナ後遺症
  • 膠原病
  • お肌のクスミ
  • 若さを保ちたい

抗酸化ミネラル点滴とは?

抗酸化ミネラル点滴とは?

多くの難病や慢性疾患の病態には持続的に発生する活性酸素が関与しています。活性酸素は直接的に、あるいは過酸化脂質を通じて間接的に細胞を酸化させます。酸化されて損傷した組織は早く修復されないと、さらにまた活性酸素を発生して悪循環に陥り、治りにくくなる要因となります。

詳しく読む

活性酸素が関与する疾患を改善するには、活性酸素を減らす抗酸化物質の補給が必要となります。
抗酸化物質としては、グルチオンやビタミンCがありますが、これらの物質は排泄が早いことから、持続的に作用させることが難しく、病気の勢いが強い疾患の場合、それらだけでは効果が出にくい方もおられます。

当院では非常に強力な抗酸化力を有するミネラル配合液の静脈点滴を行うことができます。
活性酸素や炎症性サイトカインが病態に強く関与している疾患には、高濃度ビタミンCや高容量グルタチオンに加え、この最強抗酸化ミネラル点滴をお勧めします。

最強抗酸化ミネラル点滴の成分には自然の植物から高度に精製した70種類以上の微量ミネラルをバランスよく含有しますが、製造過程で有機物を完全に除去されているので植物に対するアレルギー反応を引き起こす可能性は極めて低く、非常に安全です。ナノサイズ超低分子ミネラル溶液のため組織への高い浸透力と強力な抗酸化ポテンシャルを有し、病態改善と健康増進をサポートします。

ここで名称に「最強」を付けている理由を述べます。
私は過去に様々な栄養素の抗酸化力(Biological Anti-oxidant Potential)を医療用の測定装置を用いて自らの手で実測してきました。
その栄養学研究の中で、本剤のミネラル溶液は他のどんな栄養素や食品よりも高い抗酸化力を記録したのです。安全に点滴可能な栄養素の中で、本剤以上に高い抗酸化力を持つものは私が知る限りまだありません。

高度な生化学的知見と複雑な特殊技術によって製造されるものであるため、スペースの都合上ここで含有ミネラル成分の詳細を述べることはできません。詳しくはご来院された上でお尋ねください。

7. ストレス消去点滴 18,000円(+税) から

ストレス消去点滴

こんな方にお勧めします

  • ストレスが続いて滅入る
  • 頭がスッキリしない
  • 課題が多過ぎて考えられない
  • 悩みが頭から離れない
  • 疲れてるのに眠れない、寝つきが悪い
  • 眠りが浅くすぐ目覚める
  • 朝起きても熟眠感がない。
  • 思い返して気分が落ち込む
  • 寝てるのに体が怠くて重い
  • 怠いのに検査では正常と言われる

なぜ、点滴でストレスが消えるのか?

よく「ストレスが溜まってウツになった」などと聞かれますが、その時、体の中では何が起こっているのでしょうか?
そもそもストレスとはなんでしょうか?
なぜストレスで鬱や不眠、倦怠や様々な疾患を誘発するのでしょぅか?

結論から言います。
様々な研究から推定されているのは、慢性のストレスは《蓄積された脳の疲労》です。

詳しく読む

では脳の疲労とは何でしょうか?
脳の疲労とは、ミクロな視点で言えば、それは細胞の電力低下、エネルギー低下です。

脳の疲労とは何でしょうか

脳細胞は思考や記憶、感覚の認識、運動制御などの情報処理過程で電気信号を使っています。
その電気を発生する力(起電力)は、どこから得ているかというと、細胞の中に多数存在するミトコンドリアの中で、糖などの栄養物質から酸素を利用して電子を取り出し、その電子のエネルギーで細胞膜内外に電圧(電位差)を発生させ、電力を溜めています。電力を溜めた神経細胞は引き絞った弓のような状態で、刺激に応じて一瞬で放電し、シナプスを介して接している次の細胞に電気刺激を伝え、情報処理利を行っていきます。

すなわち脳の神経細胞は、
①糖と酸素を使ってミトコンドリア発電機で発電し、
②細胞膜の電池を充電し、
③必要に応じて電力を放電して電気信号(活動電位 : Action Potential)を発生させ、
④他の神経細胞に電気信号情報を伝える。

そうやって精神活動や運動指令を行っているわけです。

急性のストレスは一過性の反応ですが、慢性のストレスは、神経細胞が電力を使いすぎ、電力発生が間に合わずに、電圧が低下しっぱなしになって情報処理がうまく働かなくなった状態です。

こうなると、考えがまとまらない、気分が滅入る、体が動かない、起き上がれない、などの症状として現れます。

家電でもスマホでも、使いすぎて充電しなければバッテリーが低下して止まりますよね?
脳もそれと同じです。

では慢性ストレスで電圧が低下した脳に対しては、どう対処すればよいのかというと、ある程度長い期間休息を取り、エネルギー生産を回復させる栄誉素をタップリと脳に送り込むことです。
そして深呼吸して酸素を豊富に供給する。
これで理論的には慢性ストレスからは脱することができるのです。

脳のエネルギー生産の回復に役立つ栄養素とは何でしょうか?
それは、ビタミンB群、αリポ酸などの代謝促進酵素、カルニチン等のエネルギー産生系アミノ酸などです。これらが十分に脳神経細胞に届けられれば細胞のエネルギー産生を高まります。その結果、脳細胞の起電力が回復し、ストレスに伴う欝的状態から早く脱出できます。

けれども、これらの栄養素をすべて揃えて食べ物から撮ったとしても、なかなか結果は出ません。試してみると解りますが、脳に良いといわれる物質を含むサプリメントをいくつか買ってきて、タップリ飲んでみてください。ほとんど何も変わらないはずです。

なぜサプリメントだけでは変化が感じられないのか?

なぜサプリメントだけでは変化が感じられないのか?

理由は、消化管からの吸収速度は非常に遅く、栄養素の血中濃度は非常にゆっくりとしか上がらないからです。理由は、消化管からの吸収速度は非常に遅く、栄養素の血中濃度は非常にゆっくりとしか上がらないからです。

詳しく読む

また、もともと血液から脳細胞の間には物質が浸透しにくい障壁があるため、口から栄養をとっても脳細胞に届く量はほんの僅かです。届いたとしても非常に長い時間がかかります。

疲労した脳細胞に十分に栄養を補給するには血中濃度を短時間に溢れるほど高める必要があります。

その点、点滴を用いると、消化管を介さず血液内に直接栄養素が流入するので血中濃度が急速に高まり、脳細胞にも十分に栄養素を浸透させることができます

ストレス消去点滴の中には多種類のエネルギー回復系栄養素がバランス良く、大量に配合されています。当院では抗ストレス系静脈注射を4段階でご用意していますが、この点滴はその中でも最上位版です。長期に及ぶ大きな精神的疲労感や慢性ストレスでお悩みの方にお勧めです。

ストレス消去注射を受けるとどうなるのか?

ストレス消去注射を受けるとどうなるのか?

私がこの点滴を打った率直な感想をお伝えします。

詳しく読む

ある日、精神的疲労が溜まり、頭がモヤモヤして「もう働きたくない」という気分の時、ストレス消去点滴を打ってみたところ、点滴が半分も入らないうちから心地よくなってきました。
そしてなぜか自然とウキウキした気分で笑みが浮かぶようになり、さっきまでの落ち込んだ気持ちが嘘のように軽くなりました。その夜は熟睡できて翌朝はスッキリ。気分の良さは1週間程度続きました。

全てとは言えないまでも、人間の思考や感情の大部分は生化学的プロセスによって動かされていることを自分の体験として実感しました。

脳疲労や欝状態の対処方として、カウンセリングを受けたり瞑想したり、気分転換も有効なのでしょうが、そういうまどろっこしい方法よりも一発点滴した方が遥かに早く楽になる良い手段ではないかと私は思っています。

次にもうお一方、当院来院の利用者さんのご体験を紹介します。
50代の男性です。
「明日、自分の離婚交渉に臨むが、もともとストレスに弱いので緊張して何もしゃべれなくなりそうです。難しい調停になりそうですが、負けずに主張して有利に交渉をまとめたいのでストレス消去点滴を受けていきたいです。」
とご希望され、ストレス消去点滴を受けて帰られました。

後日、経過をお聞きしたところ、
「自分でも不思議なくらい落ち着いて話ができて、私の希望の条件で決着できました。同時に引っ越しも重なったのに、大きな疲労感もなく乗り越えられました。本当にありがとうございました。」 と、感謝のお声をいただきました。

ストレスから来る疲労感から早く脱出したい方、大きなストレスを伴う人生勝負に臨む方にはストレス消去点滴を強くお勧めいたします。

8. 断酒点滴(アルコール依存症離脱治療用) 10日間コース120,000円(+税) から

断酒点滴(アルコール依存症離脱治療用)

こんな方にお勧めします

  • アルコール依存症
  • やめたくても飲酒がやめられない
  • 酒で健康障害があるのに止められない
  • キッチンドリンカーで自己嫌悪
  • 毎日どうしてもたくさん飲んでしまう
  • 飲酒後に感情が抑制できなくなる
  • 飲酒後の失敗が多い
  • 飲酒量に自分でブレーキがかからない
  • 酒で悔やんだことが多い
  • 飲酒後に他人にも何度も迷惑をかけてしまった
  • アルコールのせいで手や頭が震えてている
  • 飲酒の量をコントロールして楽しく飲みたい

断酒点滴とは?

断酒点滴とは?

ヨーロッパの医師が30年以上前に開発し、以来、欧米の統合医療系の医師の間で伝承されてきた歴史ある治療法です。ですが、日本でこの治療を行っているところは他には知りません。

ある種の純粋な医療用栄養物質を、10日間にわたって点滴します。
実際の実施スケジュールは3日連続点滴、1日休み、2日連続点滴、1日休み、3日連続点滴、となり、点滴を受ける回数は合計8回となります。

断酒点滴を受けるとどうなる?

断酒点滴を受けるとどうなる?

不思議なことに、この点滴を終えると、途端に酒類へのコダワリが消滅します。しかも、その効果が長期間続きます。ほとんどの人は1回の点滴コース終了で生涯に渡って効果が持続します。

詳しく読む

10日間の断酒点滴コースののちに、次のような状態になります。

  • 飲まなくても平気。アルコールの禁断症状がなくなる。
  • 多少酒を飲みたくても水を飲んでいれば十分我慢できる。
  • 飲もうと思えば、楽しく気持ちよく飲むことはできる。
  • 身体や生活を壊さず、飲酒を完全にコントロールできる。

断酒点滴を終えた後でもお酒をおいしく飲むことはできます。
お酒を飲むことはできますが、自分で飲酒量や回数、飲酒の場所などを十分にコントロールすることができるようになります。つまり飲まなくても全く平気な脳に生まれ変わってしまいます。

他の治療薬との違い

従来から使われている所謂「抗酒薬」のように、アルコール類を飲むと気持ち悪くなり、その条件反射として酒を飲みづらくなる、というものではない点がこの点滴の特徴です。

詳しく読む
抗酒薬とは?

抗酒薬としては、具体的にジスルフィラム(商品名:ノックビン)とシアナミド(商品名:シアナマイドなどがあります。これらの抗酒薬を内服すると、アルデヒド脱水素酵素(ALDH)を阻害するので、さらに酒を飲むとアセトアルデヒドが体内に溜まって気分が悪くなります。

ちなみに、ノックビンには、吐き気や頭痛、倦怠感、不眠、うつ的気分、イライラなどが起きることがあり、この薬自体を飲みたくなくなる場合があるのが問題です。

酒への欲求を抑制する薬

飲酒欲求を抑制する薬剤として、国内ではアカンプロサート(商品名:レグテクト)があります。欧米ではアカンプロサートは、主に脳内の神経伝達物質NMDAの受容体を介する神経伝達を阻害することによって効果を現すと推定されています。飲酒への欲求を軽減させることにより断酒率を高める効果があり、多くの研究で再飲酒のリスクを低減させることが確かめられています。
アカンプロサートの効果は、断酒をしている人が服用すると断酒率が上がりますが、飲酒している人が服用してその飲酒量を少なくする薬剤ではないようです。そのため服用にはきちんと断酒をしていることが前提とされています。通常1日3回2錠ずつ服用することになっています。副作用としては、下痢・軟便が起こることがありますが、多くの場合は一過性でしばらくすると軽快することが多いです。また重症の腎障害がある場合は服用できません。

断酒点滴の場合

断酒点滴を終えた後にお酒を飲んでも気分が悪くなることはありません。
そのほかにも今のところ、特に不快な副作用症状はみられていません。

基本的には点滴を受けても特に何も感じません。
血液検査上、この点滴を受けたことによる異常が出現したことはありません。

禁酒中でも禁酒中でなくても点滴治療ができます。飲酒中でも構いません。
「酒をやめよう」と無理に頑張らなくても自然に飲酒量が減っていきます。

依存症の人にとって、なぜ断酒はなぜ難しいのか

依存症の人にとって、なぜ断酒はなぜ難しいのか

アルコール依存症は病気であり、説得ではなく治療が必要です。

詳しく読む

過度の飲酒がやめられない人の脳の中では、脳内報酬系と呼ばれる神経細胞群に機能変容を来たし、麻薬系物質やドーパミン等の神経伝達物質の異常放出を介して感情と行動が意志で制御できない状態を来たしていると考えられています。

この状態では「酒をやめなさい」 「酒は体を壊すよ」などと言った、論理的な説得や教育はほとんど無力です。脳細胞の異常反応を生化学的に正常化することなしに、重いアルコール依存症の治療は実際には困難です。当院では分子細胞学的見地に立った特殊なアルコール依存離脱点滴を行っています。

依存症になった脳内報酬系の細胞に対して、断酒点滴の成分が直接働き、十分な満足感を与えて、神経伝達物質の過剰放出や枯渇が治り、異常なアルコールへの衝動がなくなります。

点滴の内容・成分の説明はここでは難しいので、当院に直接ご来院の上でご説明いたします。

断酒点滴を希望される方へ

断酒点滴を希望される方へ

なお、本点滴を受けられる場合は、一般的な血液検査結果が必要です。3か月以内に受けられた血液検査のデータがあればご持参ください。
診察、問診ののち、通院可能なスケジュールを調整ののち、計画的に通院していただきます。

断酒点滴を希望される方へ

最近3か月以内に血液検査を受けていない方は、当院でまず採血検査を受けていただき、後日に日程調整ののちに点滴コースに通院していただく流れになります。

【機能限定】特別強化点滴 SFEシリーズ

SFE : Specific Function Enhanced Drip Infusion Recipes

SFE1 不撓不屈点滴(がん治療を徹底サポート)50,000円(+税)

高濃度ビタミンC + グルタチオン1200mg + 抗酸化ミネラル

不撓不屈点滴(がん治療を徹底サポート)

これら3つの配合成分は互いに連携し効力を高め合います。
さらに体力・気力を高めるビタミン成分も添加することで最強の防御布陣を敷き、がんを迎え撃ちます。抗がん剤や放射線治療による副作用や有害作用を軽減する効果もあります。 がん征圧に向けてたたかっている方の強い味方になるでしょう。

【特別プレゼント付き】
本点滴を受けられた方には、がん悪液質(酸性体質に傾き免疫力が抑制されてしまう状態)を防ぎ、体液を弱アルカリ性に最適化する特殊なアルカリ化サプリメント(商品名『アルカリッチ』 100カプセル入り)をプレゼントいたします。
がんの治療において、非常に重要な働きをします。ぜひ毎日欠かさずお飲みください。

SFE2 スピード回復点滴

(疲労からの急速回復をご希望される方に) 44,000円(+税)
ビタミンC25g + マイヤーズ点滴 + グルタチオン800mg

スピード回復点滴

シツコイ慢性疲労 寝不足 うつ状態 時差ボケ 蕁麻疹・ニキビ 帯状疱疹(←強いストレスによる心身の慢性疲労時に誘発されます) 
などから早く回復したい時には、午後にこの点滴を受けてその夜しっかり睡眠をとるのがBESTです。

また、

  • 今から重要な仕事や出張に出かけるとき
  • 大事なスポーツ試合を直前に控えているとき
  • 受験や大きなイベントが近く、風邪やコロナを予防したいとき
  • ここ一番の勝負時、最高のパフォーマンスを発揮したいとき

そのようなタイミングでこの点滴を受けると、良い結果が期待できるでしょう 実際、私(院長 平)はそうしています。

SFE3 タイムマシン点滴

(若かった過去に遡る)
55,000円(+税)
最高品質・高純度NMN +グルタチオン(1000mg) +脂肪燃焼系成分 + 美肌系成分 他

タイムマシン点滴

身体の内部とルックスの若々しさを同時に早く獲得したい、という方にピッタリです。
この点滴は、栄養を無理やり押し込んでその時だけ発破をかけるようなものではありません。体中に糖化や酸化の毒や廃物が溜まって機能低下している状態では、いくら良い栄養を豊富に入れても細胞の働きは回復しません。それどころか、利用できず余った代謝物は毒素となって溜まり、肝臓などに一層の負担をかけてしまう場合もあります。

タイムマシン点滴では、グルタチオン等の活躍で解毒排出を高めつつ、NMNとビタミン類がエネルギー代謝を高め、さらに遺伝子の保護修復も促進し細胞の活力を高めます。
細胞がキレイになった状態で脂肪燃焼系酵素や美肌系成分が効果的に働くので、体の中も外も若返っていくのです。