院長 平竜三のブログ診察室では伝え切れない、詳しい医療情報を語ります

素晴らしいCMが効果を高める?

  • 2008.05.08
【8】素晴らしいCMが効果を高める?  たとえ、関節軟膏のコンドロイチン不足によって膝関節痛が出たとしても、 「では、コンドロイチンを沢山食べたら関節は治るはずだ!」 というのはあまりにも単純発想と言えます。生物の体はそんなに簡単ではありません。  関節軟骨のコンドロイチン巨大分子であり、吸収が難しい栄養素です。一度その構成要素である糖蛋白質をバラバラにして吸収してから、軟骨細胞がまた少しずつ作り出して関節に蓄積していきます。口から摂ったコンドロイチンが直接関節に運ばれていくわけではないの...

関節痛に効く?

  • 2008.04.28
【7】「グル●サ●ン」「コン●ロイ●ン」 膝の痛みにどれほど効くか?  最近、テレビショッピングや新聞広告などで盛んに宣伝されている栄養食品として、「コンドロイチン」や「グルコサミン」があります。  主に変形性関節症などによる膝の痛みを緩和する、として、「体験談」も交えて盛んに効果を謳っていますね。一発テレビコマーシャルを打つと毎回大反響があるそうです。    当院、小豆沢整形外科にも変形性膝関節症による膝の痛みでお悩みの患者様が大勢通院されています。膝の痛みは50台を過ぎた女性に...

究極のプラセボ

  • 2008.03.24
【6】指坐薬(ゆびざやく)って何? 究極のプラセボ  老人の多い入院病棟に勤務経験のある医師や看護師であれば、大抵は知っているプラセボがあります。    長く入院している患者さんの中には、慢性的な痛みの発作などで苦しまれている方も大勢いらっしゃいます。夜間などでは飲み薬や注射が使いにくいのでしばしば坐薬を頓用で使う場合があります。    「看護婦さーん、痛いです。痛み止め下さーい」と何度もナースコールをされる方もいます。    それで看護師さんは坐薬を入れてあげに行く...

プラセボ手術って?

  • 2008.03.23
【5】プラセボ手術って?  では、プラセボ手術、とはどんな場合に行われるのでしょうか?    例えば以下のようなシチュエーションです。    ある患者さんが非常に慢性的な腹痛を訴えていました。検査をしても全く異常はみられません。  心理的な原因と考えられて様々な精神安定剤などのクスリを投与されても全く効果がなく、患者さん本人は、 「お腹の中に絶対に病変がある」、と頑なに信じ、 「これを切除してくれないと自分は決して治らない」と主張しています。  その場合、医師の判断で、プ...
PAGE TOP